奥多摩湖を押さえておくべき理由

正式名称は小河内貯水池(おごうちちょすいち)。東京都西多摩郡に位置する人造湖(貯水池)です。
湖の周囲には多くの観光施設が点在し、観光地として知られますが、貯水量1億8千万平方メートルを誇る東京の水瓶でもあります。夏場に水不足が発生すると、関東近県に備蓄してある水を供給します。また、東京電力に電力を供給する発電所でもあります。

奥多摩湖は、周囲を山に囲まれ、四季折々の風景を楽しむことができま

す。春の桜や秋の紅葉が湖に映え、美しい景色を見せてくれます。宿泊施

設やキャンプ場、バーベキュー場も多く、夏にはたくさんの家族連れや若

者のグループなどで賑わいます。
全長12kmの散歩道が整備され、春から秋にかけて広大な景色を眺めな

がらのウォーキングも人気です。ドラム缶橋と呼ばれる浮橋もユニークで

す。

 

まるでリゾートか、地方の観光地のようなスポットが、東京都心からわずか6

5kmの距離にあることは、驚きです。150台停められる無料の駐車場もあ

り、家族での車での日帰り旅行にもぴったりではないでしょうか。

 

ダムや発電所としての役割もあるので、お子様の学習も兼ねた旅行ができ

る点では一石二鳥です。ダム展望塔は入場無料で、ダムの歴史を紹介し

たパネルやジオラマが展示されています。夏休みの自由研究の題材とし

てもおすすめです。