旧中川川の駅のドライブプラン

江戸時代、物流の水上ルートとして、運河の整備が必要となりました。

その初めて作られた運河が小名木川で、近くを流れる旧中川との合流地

点には、通る船を管理する船番所が所在していました。
その番所があったところに整備されたのが旧中川川の駅です。この施設

は、都内の水辺の環境を身近に楽しめる拠点として、様々な施設が併設さ

れています。
カフェや、足湯などの他、カヌーや手漕ぎ船を楽しむための桟橋も整備さ

れており、また、とうきょうスカイツリーからも近いことから、観光客に人気の

施設となっています。

 
周辺の主要道や、地下鉄駅からのアクセスも良く、気軽に訪れることができ

るのも人気の要因となっています。
また、この施設の目玉として、水陸両用バスの発着が挙げられます。川の

駅から水しぶきを上げて着水する様子は、迫力があり、見物客などに人気

となっています。
このバスにはもちろん乗車することも可能で、迫力の着水を体験できること

ができます。
バスの運行は、スカイツリーの見学コースなど、数種類のコースが用意され

ており、水上から東京の町を楽しむという、普段では体験できない景色を

楽しめるものとなっています。

 
このため利用客も多く、観光客やカップル、親子連れなどに非常に人気が高いものとなっています。